梱包材、緩衝材を変えると業務効率化ができる。

荷姿改善で積載効率が1.5倍にアップ。(2)

 荷姿改善で積載効率が1.5倍にアップ。(2)

荷崩れ防止対策改善で積載効率が1.5倍にアップ。(1)の詳細です。

荷崩れの原因 輸送する製品が鋳物(自動車部品)であるため、外周にバリが出ている。
バリは刃物のようなものであり、荷締め用のベルトやバンドで締め付けると切れてしまう。
そのため、特殊素材で作ったバンドで固定するが、重く、素材に柔軟性がないため
固定力が弱く、2段積しかできず荷崩れも発生していた。
考案したプラン
1.別の特殊素材で固定力の強い荷崩れ防止バンドをつくる。
   コスト的に合わず ×
2.従来の特殊素材を荷崩れ防止バンドの内側に張り合わせる。
   硬さ、重量の面で ×
3.従来の特殊素材を力の加わるコーナー部にのみ張り合わせる。
   固定力がアップし、柔軟性、重量、コスト面でもOK
効     果 製品の積み込み段数を2段→3段へ変更するためラインの組替費用が1次的に発生したが、
1.配送用トラックが3分の2になったことで配送費も3分の2へ。
2.レンタルパレットの大幅な削減。
によるコストダウンが継続的にできている。

特殊素材や運用方法などについてもっと詳しくお知りになりたい方はこちらまで。

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.